広告郵便申請をしてダイレクトメールのコストを削減

OPEN

新製品の紹介やサービスの案内など、販促手段としてダイレクトメールを採用している企業は数多くあります。ただ宛名書きや印刷、封入作業など、ダイレクトメールが完成するまでには多くの工程があり、自社で行うとかなりの負担になることが予想されます。例えば人手も必要ですから、その間、仕事が滞るなんてことにもなりかねません。
そうした負担を軽減するには、ダイレクトメールの作成は業者に依頼するという方法があります。外部業者に委託してしまえば、宛名書きから発送まで丸ごと一任できるため、仕事が滞ってしまうなんてこともありませんよね。また広告郵便申請の代行を請け負ってくれる業者もあり、こうした業者を選べばさらに手間を省くことができます。業者によってはオンライン注文も可能ですし、デザインやレイアウトのテンプレを提供しているサイトもあるので、まずはサイトをチェックしてみてはいかがでしょう。
ダイレクトメールは封書とハガキから選べますが、メリット考えると圧着ハガキがオススメです。なぜなら圧着ハガキは通常ハガキと同じ料金で、倍以上の情報を載せられるからです。ダイレクトメールは広告郵便として認定されると郵便料金が割安になるので、コスト削減するためには広告郵便申請も検討した方が良いでしょう。

OPEN

広告郵便申請をしてダイレクトメールのコストを削減

新製品の紹介やサービスの案内など、販促手段としてダイレクトメールを採用している企業は数多くあります。ただ宛名書きや印刷、封入作業など、ダイレクトメールが完成するまでには多くの工程があり、自社で行…